~ヒンドゥー教の神々~

ヒンドゥー教 三大神

ヒンドゥー教はインド、ネパールなどで広く信仰され、キリスト教・イスラム教に続く、世界で3番目に信仰されている宗教。多神教なので、様々な信仰形態を持つ。

インドやインドネシアのバリ島はヒンドゥー教の島なので、寺院などで、これらの神々の姿を眼にする事があるでしょう。

ヨガは宗教ではありませんが、インドで始まり普及した考えなので、この三大神、聖典ヴェーダ、ユガという時代の概念など、ヒンドゥー教の教えと通じるところがあります。


                    【ブラフマー】

    


                    【ヴィシヌ】

      


                   【シヴァ】

    


                    【サラスバティ】

    


                    【ラクシュミー】

    

                   【パールヴァティー】

    

                    

                   【ガネーシャ】

     


                   【ハヌマーン】

    



鳥王ガルーダ:ヴィシヌの乗り物

                     【クリシュナ】

    


                    【ラーマ】

    



『バガヴァッド・ギータ』よりクリシュナ(左)とアルジュナ王子(右)