Charity

ヨガには「つながる」という意味があります。

Auspiciousでは、1人ではなかなかできないチャリティやボランティア活動をもっと身近なものするためにはどうしたら良いかと考えています。
生活するために補助を必要とする身体の不自由な方や、国や社会環境の原因で貧困生活を送っている方など、日本だけではなく、世界には多くの問題を抱えた方が います。Maoは年間の半分以上は海外で活動しており、様々な国や人種の方々と交流する機会があり、このような多くの問題に直面した際に一個人での支援のできることは限られていると痛感していました。

しかし、明るい未来を夢みて、一歩一歩前へ進んでいく人のたちのために、今、私たちができることは何であるかを考え、ただ単に募金するためではなく、貧困のため学問を学ぶことができない子供たちには学校運営や教科書や文房具など教育に関わる支援を行い、貧困者や障害者などでも働ける方に「生きがい」と「達成感」を得ながら生活してもらうための職業支援活動を行っています。

 コバクタ基金

 チルドレン オブ インディア コバクタ基金

  Children Of India  Kobakta Faundation

 インド・ヒマラヤの麓の学校【パラマータアワダワン】
この学校に通う子供たちの教育支援と栄養不足による発育遅れをサポートする支援基金です。

 
コバクタ基金

Auspiciousのヨガ精神 Bhakti(バクティ)

バクティとはヨガの4つの道の1つ「愛と献身のヨガの道」です

「自分を愛し、人を愛す」
・自分を内面より見つめ、自身の幸せのために自分がどのように生きるのか?
・見返りを求めず、人に愛を与える人になる。
この2つが柱である精神です。
みなさんがMaoのヨガを通じていろいろなことを知り、感じていただき、このAuspiciousの活動以外でも皆さんの愛を多くの方に与えて頂けることを願っています。

 

全国の皆様よりは2014年より、このチャリティヨガにご参加とご支援頂くこととなりました。
皆さまからの支援品や寄付金はインド・リシケシでのティーチャートレーニング及びリトリートの際に参加者と共に子供たちと教育施設へ直接手渡しにて寄付しております。

インドの児童教育施設へ支援活動

2010年よりAuspiciousの講師Maoがインドに行った際に、お金や生徒達が残した服や日用品を寄付してから帰国していました。
それは「勉強をしたい子供たち、仕事をしたい女性たちに、何か出来る形で愛情を伝えたい。」その気持ちだけで細々と行っていた活動でした。
毎年秋にはリシケシでリトリートやティーチャートレーニングを開催します。バクティ(愛と献身)を学んで頂くリトリートやティーチャートレーニングなので、参加者にもそこで子供たちと触れ合う機会を設けます。
2014年よりはチャリティヨガを開催させて頂き、集まった募金を参加者と共にリシケシへ持って行き直接子供やそこで教えるボランティアの先生方へ渡しています。

貧しいながらに学ぶ事に喜びを感じている純粋な子供たちや学問を教えることに情熱を注ぐボランティアで働く女性の先生へ、笑顔を届ける為にプレゼントを持っていっています。
 
ちょっと昔までは1人で行っていた活動でしたが、このチャリティヨガを通じて大変多くの賛同者、協力者(個人・企業)も参画いただき私自身が皆さんの愛に満たされています。
これをそのままバクタとして愛を渡してきます。

 

〇2014年

9月開催したリシケシリトリートの際に【チルドレン・オブ・ガンジス】に訪問し子供たちと交流を交え、寄付して参りました。

〇2015年

全国各地で開催させて頂いたチャリティヨガでお預かりしたすべてのご寄付は

・2015年9月リシケシのヨガリトリートの参加者と共に【チルドレン・オブ・ガンジス】に訪問

・2015年11月リシケシのティーチャートレーニング300時間参加者と共に【パラマータ・アワダワン】に訪問

2回に分けてボランティアの先生や子供たちとの交流を交え、募金は2施設に分けてすべてを子供たちの教育支援として寄付して参りました。

○2016年11月

リシケシヨガリトリート参加者と共に【パラマータ・アワダワン】に訪問し、この年に全国よりお預かりした支援金を寄付して参りました。

皆さまのチャリティヨガへの参画に心より感謝いたします。

 

 

Auspiciousが支援する団体・教育施設

India インド共和国

Chirdren of Ganges /チルドレン オブ ガンジス

インド・リシケシにある子供たちのための教育施設です

貧困など問題を抱え学校に通えない子供たちを集め、社会に出ても困らないように勉強を教えています。
Auspiciousはインドの子供たちに金銭面の援助だけでなく、教材、生活用品などを支援活動を行っています。
インド・ヨガの発祥の聖地でもあるリシケシは、Maoが毎年生徒と共に訪れますが地域住民や現地ボランティアの教師方々と共に子供たちのために支援活動をしています。

Paramarth Awadawan /パラマータ アワダワン

インドの僧侶Shin Shiva Svayambhuが中心となり設立した児童教育施設

インドの僧侶Shin Shiva Svayambhuが中心となり設立した児童教育施設です。
サンスクリット語 【Paramarth Awadawan】 とは 【高い目的への道】 という意味があります。リシケシのより100㎞ほどの山間部にあり、学校に通えない子供たちのために教育を教えるための施設です。文字の読み書きなどの一般教育だけでなく、木を植えたり自然環境を保護し育てる大切さも教えています。
現在、30名程の子供たちがここで勉強を学んでいます。

Cambodia カンボジア王国

Tabitha Foundation Cambodia 
タビタ ファウンデーション カンボジア

カンボジア 貧困女性職業支援施設

活動内容:Tabitha Foundation Cambodiaはカンボジアの未亡人の母親が安定収入を得るための活動をしています。また地雷犠牲、ホームレス女性、エイズ患者、干ばつ犠牲および孤児 の独身女性、そして貧困層の中でも最も貧困者にたいして支援をしています。
Tabithaは非営利団体で基金事務局はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、カンボジアにあり、カンボジア全土を対象に貧困者支援として学校建設、田畑開拓、職業支援など多岐に渡り活動しています。
Auspiciousは女性の自立のための職業支援活動に携わっています。

熊本地震支援活動

 日本全国のヨギーが熊本地震で被災したヨギーへの支援活動です

コバクタ基金