Auspicious Yoga&Ayurveda

海外ヨガ留学 ヨガインストラクター養成専門

ヨガリトリート インド・リシケシ

参加申込受付は2024年7月1日開始。

資料請求は6月1日より受付開始します。 資料発送&資料ダウンロードは6月14日予定となります。

しばらくお待ちください。

ヨガ・リトリート イン リシケシ

《インドリシケシ バクティ『愛』を学ぶ10日間》

認定資格《Bhakti Flow Yoga Basic》コース

~インド・バリ・ハワイなど世界中でヨガ指導の経験を持つMaoがヨガを教えます~

ヨガ発祥の地インドの中でも聖地リシケシにて、バクティフローヨガを学び、リシケシの町を満喫する充実のヨガリトリート

リシ(修行者)達の街と呼ばれるリシケシは、インドの中でも聖地です。
ヨガの神様でもあるシヴァ神の街です。10年以上毎年インドで修行を重ね、指導をして、多くの日本人を何度もインドへ連れて行っているMaoが同行しますので、初めての方でも安心してご参加頂けます。そして何度でも見たくなる美しい景色、味わいたくなる食事、自然と触れ合うヨガ、子供達の笑顔で、何度も同じリトリートに参加される方もいらっしゃいます。
 
このリトリートの目的は2つあり、
ひとつは長年支援しているインドの小学校へ日本全国で開催されるチャリティヨガでお預かりする寄付金を直接届けに行くこと。
もうひとつはインドを楽しむだけでなくインドで学ぶこと。
リシケシではRYT(全米ヨガアライアンス認定ティーチャートレーニング)研修、ヨガ哲学、アーユルヴェーダ、バクティフローヨガ研修など幅広く開催したり、単純に遊ぶという観光メインのリトリートも開催してきました。
今回は、バクティフローヨガ10周年を祝って、原点にAuspicious Yogaの象徴でもある『バクティフローヨガBasic』研修を開催します。すでに修了証をお持ちのコバクタも、実際に目の前で祈る姿、神々の姿、ガンジス川の流れ、沐浴の様子、子ども達の笑顔など、知っているつもりの事が本当に繋がるという体感をする事でしょう。愛とは知識として学ぶことではなく感じる事だと思います。どうぞご自身の為のバクティな時間を一緒に過ごしましょう。

今回のヨガリトリートでのプログラムは、このインドの地で創り上げた《Bhakti Flow Yoga Basic トレーニング》をご受講頂きます。
プログラム修了者には【Bhakti Flow Yoga Basic修了証】発行いたします。

Mao先生が10数年以上、このリシケシで修行をし、構築したバクティフローヨガをリシケシの地で体感し、学んで頂きます
既にバクティフローヨガBasicおよびAdvanceトレーニング修了者のご参加には特別割引がございます。

♪英語が苦手な方も安心の日本語による授業、インドでの指導に長けたMaoが同行するので、安心して観光も満喫できます♪

初めてインドを訪れる方でも安心してご参加頂けるようにリシケシ滞在中は食事も1日3食ベジタリアンミール付きで安心です。
ヨガだけでなく、チャリティ活動や、リシケシ観光、聖地に訪れる事もできる充実の内容です。

旅のポイント!

  • バクティフローヨガBasicトレーニング カリキュラムを習得!
  • 聖河ガンジス河でのヨガ、プラナヤマ、キルタン、メディテーション経験は一生の宝物!
  • ガンジス河の始まり、クリシュナ寺院、リシケシマーケット、ローカルレストランでの食事など、リシケシ観光も満喫!
  • 神聖なシヴァ神の地『アナンダ・ローク』にも滞在し、ここでしか見えない景色、味わえない食事、人々の心の温かさに触れる!
  • リシケシの町でお買い物!

全日空(ANA)で行くインド・ヨガリトリート

羽田空港発着便

恵まれた環境で深く学び、自身のヨガとする

バクティフローヨガ

【バクティとは】

古典的なヨガの4つの道の一つで、愛と献身のヨガです。
ヨガというのはポーズを取る事だけでなく、奉仕する事もヨガ、哲学の道もヨガ、そして愛と献身もヨガです。

バクティヨガとは古典的な愛のヨガ。
胸に宿る愛のエネルギーを巡らせる為、アナハタチャクラについて学び、胸を開いてロータスムドラを咲かせ、呼吸の風に乗って自由に羽ばたくフローヨガ、インド神話に耳を傾けて、歌うヨガキールタンで声を重ねる。自分にないものは捧げられないので、まずは唯一無二の大切な自分自身に愛を満たし、自然と溢れ出す愛情のエネルギーを惜しまずに捧げて巡らせるヨガの道です。基本的なバクティフローヨガBasicの16時間研修だけでなく、課外授業としてガンガアールティや寺院参拝やチャリティ活動などインドでしかできない経験をいきたバクティとして学んで頂けます。
本ページの中段の【⭐️リシケシでの行動予定⭐️】の星印(⭐️) の全ての授業を受けて頂いた方には修了証を発行します。すでに修了証をお持ちの方にも、すでにある知識が深まる体験ができる、修了証以上の価値を感じて頂ける研修です。

《授業内容》
バクティフロー:胸を開くポーズや羽ばたくポーズを多く取り入れたアーサナとプラーナヤーマ
バクティ講義:バクティとは、アナハタチャクラ講義、呼吸の仕組み
ポーズ解説:60分のバクティフローヨガBasicに必要なポーズの解説
クラスの組み立て講義:基本的なクラスの組み立てとフローヨガの定義
神話とキールタン:インド三大神、三大女神などの神話、神々を讃える歌うヨガ

 このプログラムではバクティフローヨガBasicティーチャートレーニングカリキュラムが組み込まれています。

1日のモデルスケジュール

7:00~9:00 バクティフローヨガ
9:00~10:00 朝食
10:00~13:00 ヨガ講義(バクティ / ヨガ哲学 / ほか)
13:00~ 15:00 昼食&休憩
観光&自由行動※下記の【観光&チャリティ活動と自由行動】参照
15:00~18:00 ヨガ(ポーズ解説 / 陰ヨガ/ ほか)
18:00~20:00 夕食&休憩
20:00~21:00 バクティ(キルタン/ 瞑想 / ヨガ・ニードラ / ほか)
 

ヨガのモデルスケジュール

朝ヨガ プラナヤマ&バクティフローヨガ
昼講義 バクティ講義
夕ヨガ ポーズ解説、陰ヨガ、アジャスト練習
夜バクティ キルタン、マッサージ、ヨガニードラ、メディテーション

シヴァランドの神聖な地でインドヨガを学ぶ

ガンガビーチでヨガ

聖なる河に祈り、瞑想

 

課外授業A 小学校訪問&リシケシ聖地観光

Charity Yogaを毎年全国で開催し、寄付金を届けている『Paramarth Awadawan』を訪れます。日本の小学校にあたるこの場所はPauriというリシケシから100キロほど山を登った村にあり、貧しく教育を受けられない子供達へ世界中の寄付金で運営されています。日本からはAuspicious Yoga&Ayurvedaが支援を続けています。
車で片道3時間ほどの移動です。山道の移動は楽ではありませんが、雪をかぶったヒマラヤ山脈に囲まれて頂くランチ、子供達と運動場で遊んだり、授業に参加したりする体験はきっと心に刻まれます。

 

『大地』を踏みしめて行うヨガ、
 聖なるガンガの『水』に祈りを捧げて浄化、
  昇りそして沈みゆく『太陽』に感謝する太陽礼拝、
   車の立ち入れのない澄んだ『空気』を心に満たすプラナヤマ
    迎えてくれる人びとの大きな心に包まれる歓喜の『空間』で過ごす日々 

毎日パンチャ・ブータ(大地・水・火・風・空)を感じられる素晴らしい環境で、ゆっくりと心を育みます。
知識だけでなく、技術だけでなく、『インド』で『リシケシ』で『アナンダ・ローク』で『自然』の中でしか味わえない特別な時間
 

全国で開催するチャリティヨガで集まった募金を届けに行きます!

 
チャリティヨガ

滞在先から車で3時間北上したヒマラヤの麓の小さな町。そこには『アナンダ・ローク』が運営している学校『Paramarth Awadawan(パラマータ・アワダワン)』があります。
厳しい自然環境の中、貧しく学校に通えない子供たちが集い、毎日キラキラした眼で学んでいます。
 
この施設では、子供たちの心を育てる事を第一に考えています。
安価なプラスチックの椅子ではなく、高価でも木のぬくもりを感じる椅子を提供します。
そして自分立ちの使用した分、感謝して自分たちの手で植樹をして自然へ還元する事を教えます。
 
Auspiciousでは毎年夏にチャリティヨガを開催し、秋に子供たちと触れ合うツアーを企画しています。
今迄も寄付した募金で、寒いヒマラヤの冬を越す為に暖かいセーター、木製の玩具、週に1度のミルクとバナナの支援、校舎の建築補助などに協力してきました。
 
今年も私達が訪れる事を楽しみにしている約80名の子供達が待っています。
チャリティ活動は、与える事以上に多くのの愛情を受け取るのです。
皆さんと素晴らしい体験を共有できる事を楽しみにしています。


✿日本全国で開催するチャリティヨガで集まった募金など学校の子供たちに届けに行きます!

日本各地で開催されているチャリティヨガで集まった寄付金を支援先のインドの子供たちの学校に訪問し、直接寄付します。また、文化交流を兼ねて子供たちの授業に参加します。

【バクティ】とは愛と献身のヨガの道。
このトレーニング以外でもバクティフローヨガ創始者のMaoより、実際に愛と献身においても行為をもって体感し、経験を通して愛の捧げ方を実感いただきます

2023年11月8日 インドヨガリトリート参加者と共にインドの学校に訪問しました

 

【課外授業Bリシケシ観光】

リシケシは聖地なので、至る所に神様がいます。ガンジスに浮かぶヨガの神『シヴァ』に手をあわせ、忠誠心の象徴『ハヌマーン』の像にご案内。その他にも様々な神々に出会うでしょう。ガンジスに掛かる吊り橋の周りはヨガにまつわるお買い物ができる場所です。ご縁があればご自身の好きな神様の像、マーラ、アクセサリー、ヨガマットケース、ウェア、アーユルヴェーダ化粧品などのお買い物を楽しまれるのも良いですし、ガンジス沿いでチャイを飲みながらゆっくりと過ごすのも良い思い出です。ご自由にお楽しみ下さい。

 
 

ガンジス川

ガンジス川

ハヌマーン像

クリシュナ寺院

ラクスマンジューラ橋

 

クリシュナ寺院

ハヌマーン像

ビートルズ アシュラム

ビートルズ アシュラム

ビートルズ アシュラム

 

アーユルヴェーダ スパ

アーユルヴェーダ スパ

アーユルヴェーダ スパ

スイーツショップ

宝石商でオリジナルアクセサリー作り

 

レストラン

レストラン

レストラン

ショッピング

アールティ

【徒歩でいける課外授業】

滞在先の各ホテルより徒歩で行ける場所へ課外授業としてお連れします。

  • ラクスマンジューラ橋周辺、寺院
  • ラームジューラ橋周辺、シヴァ神の像、ハヌマーン神の像、ガンガアールティ
  • ガンジスビーチ 貸切状態のガンジス河で瞑想やキールタンを楽しめます。
  • 聖者の洞窟 アシュラム内の洞窟で瞑想体験

 状況を見ながらインドならではの文化体験も取り入れます。

   

リシケシでの行動予定

スケジュール

2024年11月22日~12月1日 インド・リシケシ ヨガリトリート 予定スケジュール

1日目
11月22日(金)
  午前 :羽田空港(10:35予定)発 空路インド・デリー国際空港(全日空利用予定)
  夜 :インド・デリー国際空港へ17:55着予定。現地係員がお迎えに参ります
     到着後 ホテルに移動し、チェックイン
【ニューデリー泊】
昼食:〇(機内)
夕食:×
2日目
11月23日(土)
  朝 :朝食後 陸路デリーからリシケシへ移動(約7時間)※貸切専用バスにて移動
  昼 :移動途中にて食事休憩を設けております。現地レストランで昼食をお召し上がりください。
  夕 :リシケシ到着後 ホテル(Vedas Tapovan)チェックイン&オリエンテーション
 滞在ホテル:23日よりVedas Tapovanに3泊 / 26日よりAnand Lokに4泊)
【リシケシ泊】
朝食:〇
昼食:〇(ドライブイン)
夕食:〇
3日目~8日目
11月24日(日)

11月29日(金)
 プログラム開始(6Days プログラム)
*3日間16時間相当《バクティフローヨガBasic習得研修》ホテル内/課外授業
*1日スクールトリップ
*2日リシケシ街観光/課外授業
  ※現地天候など考慮し調整致します。
  ※観光時や課外授業では昼食は地元レストランとなります
【リシケシ泊】
朝食:〇
昼食:〇
夕食:〇
9日目
11月30日(土) 
  朝 :朝食後 陸路リシケシからデリーへ移動(約7時間)※貸切専用バスにて移動
  昼 :移動途中にて食事休憩を設けております。現地レストランで昼食をお召し上がりください。
  夜 :デリー国際空港(18:55)発 空路羽田空港行き(全日空利用予定)
【機中泊】
朝食:〇
昼食:〇(ドライブイン)
夕食:〇(機内)
10日目
12月1日(日)
  朝 :羽田空港着(早朝:6:00到着予定予定) 到着後解散
   お疲れ様でした

朝食:〇(機内)

⭐️リシケシでの行動予定⭐️

Day1

リシケシヨガ

受け入れてくれた地に
感謝をする1日

11月24日(日)行動予定

研修&観光 ※Vedas Tapovan泊

 朝:⭐️バクティフローヨガ(120分)
   朝食&休憩 
 午前:⭐️バクティ講義(60分)
   昼食&休憩 ※リシケシの町の地元レストランでランチ
 午後:ラクスマンジューラエリア徒歩観光
   夕食&休憩 ※ホテル夕食
 夜:⭐️神話&キールタン 60分

 

Day2

リシケシヨガ

学びを深める1日

11月25日(月)行動予定

研修&観光 ※Vedas Tapovan泊

 朝:⭐️バクティフローヨガ(120分)
   朝食&休憩 
 午前:⭐️バクティ講義(60分)
   昼食&休憩 ※リシケシの町の地元レストランでランチ
 午後:ラムジューラエリア徒歩観光
 夜:ガンガアールティ鑑賞
   夕食&休憩 ※ホテル夕食

 

Day3

リシケシヨガ

児童教育支援施設
パラマータアワダワン

11月26日(火)行動予定

課外授業日(小学校訪問) ※Anand Lok泊

 朝食後に出発 学校まで車で片道3時間
 昼食(学校)&休憩
 午後:子供達との文化交流
 夕方:アナンダローク チェックイン
   夕食&休憩 
 

Day4

Auspicious Yoga&Ayurveda

特別な場所 ガンガビーチ

11月27日(水)行動予定

研修&ガンジス授業 ※Anand Lok泊

 朝:⭐️バクティフローヨガ(120分)
   朝食&休憩 
 午前:ガンガ キールタン&瞑想(60分)
   昼食&休憩 ※ホテル昼食
 午後 :⭐️ポーズ解説&クラス講義(180分)
   夕食&休憩 ※ホテル夕食
 夜:ヒーリング〈ヨガニドラ〉(60分)



Day5

アナハタワーク

11月28日(木)行動予定

研修日&洞窟瞑想 ※Anand Lok泊

 朝:⭐️バクティフローヨガ(120分)
   朝食&休憩 
 午前:⭐️バクティワークショップ(60分)
   昼食&休憩 ※ホテル昼食
 午後 :⭐️アナハタワーク(120分)
   夕食&休憩 ※ホテル夕食
 夜 : ⭐️神話&キールタン 60分



Day6

リシケシヨガ

みんなで作る花曼荼羅

11月29日(金)行動予定

研修&修了式

 朝:⭐️バクティフローヨガ(120分)
   朝食&休憩 
 午前:⭐️質疑応答(60分)
   昼食&休憩 ※ホテル昼食
 午後:⭐️花曼荼羅作りと修了式(180分)
   夕食&休憩 ※ホテル夕食
 夜:⭐️アナハタメディテーション



※上記のスケジュールはあくまでも予定です。天候や状況によって変更となる事がございますので予めご了承ください。
  • ※上記の内容は予約状況、その他の事情により変更になる場合がございます。
  • その他の確認事項に関しましては、その都度ご対応させて頂きます。 
  • ※インドビザ申請については申請日より1週間ほどお時間が掛かる可能性があります。お申込みに余裕をもってご計画ください。
  • ・ビザ申請代行及び海外旅行保険のお申し込みは弊社提携のインド専門旅行代理店(㈱ビーエス観光様)が随時お受付致しますのでご相談ください。
  • ・ご自身でご手配、または旅行代理店に申請代行を依頼される場合も日程の余裕を持ってご手配お願い致します。

滞在ホテル/施設

Vedas Tapovan 《ヴェダス タポヴァン》


ヨガ施設の多いタポヴァン(ラクスマンジューラ)エリアにある、ヨガ用の滞在施設です。
ラクスマンジューラ橋近くのヨガホテル。施設内にヨガシャラとレストランがあり、学びと観光の両方が楽しめます。リシケシに滞在していないと味わえない賑やかな時間、夜の祈りなどをお楽しみ下さい。
 
リシケシは聖地なので、至る所に神様がいます。ガンジスに浮かぶヨガの神『シヴァ』に手をあわせ、忠誠心の象徴『ハヌマーン』の像にご案内。その他にも様々な神々に出会うでしょう。ガンジスに掛かる吊り橋の周りはヨガにまつわるお買い物ができる場所です。ご縁があればご自身の好きな神様の像、マーラ、アクセサリー、ヨガマットケース、ウェア、アーユルヴェーダ化粧品などのお買い物を楽しまれるのも良いですし、ガンジス沿いでチャイを飲みながらゆっくりと過ごすのも良い思い出です。ご自由にお楽しみ下さい。今回はリシケシの街に前半滞在するので、自由にお買い物や観光が出来、地元のレストランでのランチや、寺院参拝、夜のガンガアールティという祈りの儀式もご覧頂けます。
 

*徒歩でいける課外授業

施設から徒歩で行ける場所へ課外授業へとお連れします。
 ・ラクスマンジューラ橋周辺、寺院
 ・ラームジューラ橋周辺、シヴァ神の像、ハヌマーン神の像、ガンガアールティ
 💛お買い物や自由時間も設けますので、自由にお楽しみ下さい。

Vedas
Vedas
Vedas
Vedas
Vedas

滞在ホテル/施設

Anand Lok《アナンダローク》


Anand(歓喜)Lok(世界)という名の宿泊先
リシケシの街中から車で45分、ガンジス河を渡る手段は歩いて橋を渡ります(初めて訪れた時は渡し船でした)、そこから山道を15分ほど登ると我が家です。緑の中に赤い扉、草木のアーチの両側には神々が迎えてくれます。知っている人しか辿り着けない場所。
素朴だけれど心からのおもてなしをしてくれるスタッフ、僧侶による歓迎の儀式、施設内で育てた野菜のお食事、どれをとっても最高の思い出となります。
 
リシケシの街から車で45分ほど上流に向かった静かなガンジス川。秘境とも言える山の上のホテルは、リシケシの街の喧騒が嘘のように消え、歓喜と静寂の時間を満喫できます。1人では決して辿り着けない場所で、自分へのバクティの時間を堪能して頂きます。美しい庭や花曼荼羅を作る時間はきっと思い出に残るでしょう。
 

*徒歩でいける課外授業

施設から徒歩で行ける場所へ課外授業へとお連れします。
 ・ガンジスビーチ 貸切状態のガンジス河で瞑想やキールタンを楽しめます。
 ・聖者の洞窟 アシュラム内の洞窟で瞑想体験
★状況を見ながらインドの村へのご案内などインドならではの文化体験も取り入れます。
 
講師のMaoがこの地でヨガリトリートやティチャートレーニングを行うには理由があります。
Auspiciousでは普段の生活環境より離れ効果的に行うトレーニングに取り組めるように、皆さんが集中し心おきなく学べるよう滞在先は生活場所として相応しい施設であることを重視しています。
・自然に恵まれた環境。
・高い知識と経験を持つ講師。
・生活をサポートするスタッフ。
・体に優しい食事。
これらが整うことで心も体も解放して、より多くの【学び】を体感することができ、あなたをさらに成長させる為に最善の環境といえると考えています。

Vedas
Vedas
Vedas
Anadlok
Vedas
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok
Anadlok

講師紹介

講師

Mao 

 講師/引率者 Maoより★

10年以上に渡りインドを数十回と訪れて学び続けていますが、変わりゆくリシケシの街の変化を感じる『Vedas Tapovan』、リシケシでさえ感じる喧騒から離れて、静かに自分と向き会える『Anandalok』のどちらにも帰れることは喜びです。世界中旅していますが、インドの引率は決して楽ではありません。それでも苦労してたどり着いた先にある歓喜の世界には変え難い。より安心して旅をサポートできるよう、一昨年総合旅行取扱責任者の国家資格をとりました。初めての海外旅行でも、初めてのインドでもご安心下さい。
そして10周年を迎えたバクティフローヨガを記念して、リニューアル後の研修をインドで開催でき感慨深いものです。初心を思い出し、これからも変化し続け、50期生、100期生とコバクタ達を育み続けていけたら幸せです。

Auspicious Yog&Ayurvedaならではの海外ヨガ旅インドリトリートをご一緒出来ることを楽しみにしています。

  • ●全米ヨガアライアンス認定インストラクター(ERYT-200/RYT-500)
  • ●バクティフローヨガ創始者
  • ●Ashiyana認定講師(インド・ブラジル)※アジア人は初の認定インストラクター
  • ●Natural Medical Clinic&Spa(Hawaii)認定ロミロミ・指圧セラピスト
  • ●アーユルヴェーダライフカウンセラー
  • ●ヨガ専門通訳/翻訳 

ウィーン、ロンドン、日本を舞台に活躍していた元プロバレリーナのMao。帰国後は日本最大のヨガスタジオグループのチーフとしてインストラクターの採用、教育、管理を行い、プログラム開発を行ってきた経験を生かした行き届いた指導を行います。
インド・ハワイ・バリ・タイを中心にヨガ講師兼通訳としてティーチャートレーニングだけでも6,500時間以上の指導実績を持ち、海外経験のない生徒の方も安心してプログラムに参加できるようにサポートするプロフェッショナルです。
また、アーユルヴェーダにも精通しており、ヨガとアーユルヴェーダの調和を交えた指導も致します。


アシスタント講師

Nana

講師紹介
Atelier Sampada(アトリエ・サンパダ)代表(福岡県宗像市)

私にとってのバクティは、1つの言葉で表現するなら『愛』ですが、その愛の中でも『許容する』ことです。 許す… 受け入れる… 認める… 自分の感情を置き去りにしたり、傷ついたことに蓋をしたり、自分にNGを出し続けたり、あるいは、人にしてしまった言動の後悔であったり。 誰しも経験があることかと思いますが、"こうでなければならない"や”こうあるべきだ"の自分が作り上げた思考から、本当の自分の喜びに気づけなくなる。 これが苦しみを生むことを私は体験から知っています。 だからこそ、『許容する』を大切にしています。 自他共に許すことが『愛』に繋がっている。 許し、認め、開放したときが愛に満たされ、自分や他者・自然・全ての存在が愛おしく、繋がり、調和が生まれることを日々の中で体感しています。 大きな愛の中の『許容』が、私にとってのバクティです。

Atelier Sampadaのページはこちら


参加料

363,000円(税込)

バクティフローヨガBasicまたは、Advance修了者価格:348,000円(税込)
上記の代金には講習費(テキスト、修了証代),航空券(羽田‐デリー往復),燃油サーチャージ、インド国内交通費(専用バスなど)、宿泊費、食費を含んでいます
旅行代金(参加費用)に含まれるもの

 ・往復航空券(東京-デリー 羽田空港発着 全日空(ANA)利用予定)
 ・燃油サーチャージ、航空券に係る税金等
 
・デリー空港からホテルまでの送迎(専用車)
 
・デリー滞在ホテルからリシケシまでの送迎往復(専用チャーターバス)

 ・8泊分の滞在費(デリー1泊、リシケシ7泊)※2名1室となります ※最終日は機内泊
 ・リシケシ滞在中の食事 1日3食
 ・滞在中の観光に関わる交通費(山岳用専用車チャーター車等)

旅行代金(参加費用)に含まれないもの

 ・インドビザ(査証)代金
 ・食事の際の飲み物代
 ・チップ
 ・海外旅行保険

旅行代理店

観光庁長官登録旅行業第347号(第1種)

アショカツアーズ 株式会社ビーエス観光

営業時間 月曜日~金曜日 9:30~18:00   

〒105-0004東京都港区新橋3-2-7恭和ビル2F
TEL: 03-3502-4022   FAX 03-3502-5416  e-mail tokyo@ashoka.co.jp
担当: 涌井(WAKUI)/ 山田(YAMADA)様

本ヨガ留学はインド専門旅行会社【株式会社ビーエス観光/アショカツアーズ】様のご協力を頂いております。航空券のご手配からビザの代行申請など旅行に関する一連のご手配においても【株式会社ビーエス観光/アショカツアーズ】が皆様のヨガの旅をサポートさせて頂きます。

ティーチャートレーニング期間以外でのインド観光をしたいなど、渡航期間の延長(事前渡航やトレーニング終了後の帰国便の延長など)についてもご希望によりアレンジ頂けますのでご相談下さい。


お申し込みの流れ

資料請求受付と参加申込受付開始は異なります。

資料請求受付開始日は6月1日よりとなります。
参加申込開始日は7月1日よりとなります。

 
 資料請求申込みはこちら ※6月1日より資料請求申込フォームにて受付開始いたします。
また、資料発送および資料ダウンロードは6月14日以降となりますのでご了承ください。


 参加申込みはこちら ※参加お申込みフォームでお申し込みで受付となり、その後、必要な案内や資料は郵送またはダウンロード頂き、ご提出頂きます。


資料送付または資料ダウンロード頂いた中に「旅行参加申込書」に記載し提出頂きます。

資料をご請求頂きました中に参加申込み書(オンライン申込み後の手続きとなります)
ご希望により、インド・ビザ代行申請依頼書類(任意)がございますのでパスポートのコピーと一緒に郵送にてお送りいただきます。 


2024年9月20日(金)まで

締切日を待たず満員になりましたら、参加申込み締め切りさせて頂きますのでご了承ください。
★オンライン申込OK

何らかの理由でお申込みが間に合わない場合は、お電話もしくはメールにてご連絡をお願いします。
TEL:03-5931-7178
info@auspicious-yoga.com

2024年11月8日(金)まで書類必着

リトリート開始日より約2週間前までをビザ取得のための代行申請依頼の締め切りとします。

何らかの理由で書類到着が間に合わない場合は、下記の旅行代理店又は弊社へお電話もしくはメールにてご連絡をお願いします。
株式会社ビーエス観光
TEL: 03-3502-4022
Mail: tokyo@ashoka.co.jp
 
オースピシャス ヨガ&アーユルヴェーダ
TEL:03-5931-7178
Mail:info@auspicious-yoga.com

2024年11月12日(火)までに資料一式をお送り致します

リトリート開始日より10日前頃までテキストや旅のしおり等の資料一式をお送りします。

早期に定員に達した場合などは予定より早く参加者全員に資料をお送りします

2024年11月22日(金)日本出発 

羽田国際空港より(午前中予定)出発致します。

羽田空港までは各自手配の交通機関等でお越しください。
出発当日、羽田空港では皆さんをオースピシャスの担当者がサポート致します。 

2024年11月23日(土)デリー経由にてリシケシに到着 

リトリート開始

デリーで合流、もしくはリシケシで合流される場合はこの日より参加となります。

資料請求・お問合せ

資料請求は資料請求フォーム ※資料ご請求受付開始は6月1日~
参加申込は参加申込フォーム ※参加お申込み開始は7月1日~

資料請求受付開始日は6月1日より受付開始(資料発送・資料ダウンロードは6月14日よりとなります)
参加お申込み開始日は7月1日より、本ページ最下部の【オンライン参加申込みフォーム】よりの受付となります。

※オンラインでの参加申込み頂いた後に、
・旅行代理店「アショカツアーズ」様に提出する【旅行参加お申込書(資料請求時もしくはお申込み後に郵送またはダウンロード頂けます】をご記載頂きご提出いただきます(郵送もしくは記入後の画像をメールに添付にて送信ください)
・インドビザの代行申請書は「旅行参加申込書の裏面」となりますので、インドビザ代行申請依頼される方は裏面もご記入お願いいたします。

資料請求フォーム